スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
毎日新聞にてペット葬儀特集
先日、毎日新聞にて『ペット葬儀』の特集が組まれました。

当会の代表霊園・慈恵院(多摩犬猫霊園)も掲載されています。

しかし残念なことに(前回の月刊SPAに続いて)当会も反対している、『訪問火葬』の事例が掲載されていました。

※訪問火葬とは、車やトラックなどに800度や1000度以上も温度が上がる焼却炉や、発電機、灯油を積載し焼却する形態。移動火葬車ともいう。


 

ペットの葬儀 多様化

家族の大切な一員として、ともに暮らしたペットとも別れの時は来る。手厚く葬りたいという人が増え、葬儀は多様化している。  

●「個別葬選択3割」  

1921(大正10)年からペットを供養する東京都府中市浅間町の「慈恵院」多摩犬猫霊園を訪ねた。境内を歩くと、愛犬を連れた参拝客や、涙をぬぐう喪服姿の女性も。ペット墓地のほかロッカー形式の納骨堂があり、花や写真、使っていた食器などが飾られていた。同院渉外担当の藤森一登さん(48)は「毎日お参りに来る方もいらっしゃいます」と話す。

同霊園は供養から火葬、収骨、納骨を一貫して行う。供養を寺院に一任し、大型炉で複数のペットをまとめて火葬する「合同葬」▽読経してお別れ後、火葬し、家族が収骨、納骨する「立ち会い葬」▽お別れ後、いったん寺院に預け、寺院が立ち会い葬のない時間に個別に火葬、納骨する「個別葬」−−がある。個別葬と立ち会い葬は、人でいう三回忌にあたる2年間、院内の納骨堂に遺骨が安置され、お参りは365日可能だ。

料金は、チワワやトイプードルなどの小型犬(10キロ未満)の場合、立ち会い葬5万円▽個別葬3万円▽合同葬1万8000円。ゴールデンレトリバーや秋田犬などの大型犬(35キロ未満)だと、立ち会い葬6万7000円▽個別葬4万7000円▽合同葬3万7000円だ。引き取りのほか、立ち会い葬と個別葬には骨つぼ代、2年間の納骨料も含まれる。

広報担当の杉崎哲哉さん(49)によると「以前はほとんどが合同葬でしたが、現在は2割の方が立ち会い葬を、3割の方が個別葬を選ぶ」という。僧侶が読経し、戒名に準じたものを渡す。「家族の一員として、人と同じように弔いたい」という要望は年々高まり、ひつぎに愛用の品を入れたり花を手向けたりする飼い主が多いという。  

●自治体対応も変化  

法律上で、ペットは「物」として扱われる。自治体では、死んだペットは一般廃棄物として焼却されてきたが、近年は専用の火葬場を備える自治体も増えている。千葉県市川市や大阪府箕面市などでは焼却施設に動物専用の炉を設置しており、遺骨の引き取りも可能。一方、横浜市や埼玉県では公営斎場の一部にペット用火葬場を設けている。

ペットと人が一緒に入れるお墓も増えてきた。全国では100カ所を超えるといい、仏事サービス「メモリアルアートの大野屋」(東京都新宿区)は「ペットも埋葬できる『ウィズペット』は2003年の発売当初から人気」と話す。

斎場「セレモあらい」(群馬県太田市)は、自宅で供養したい入向けのペットモニュメント(墓石)を扱う。小さいものは高さ24センチで、マンションでも置ける。ペットセレモ事業部は「手元に置きたいという要望に応えた」という。

●訪問葬トラブルも

一方でトラブルも増えている。国民生活センターには年間500件のペット関葱相談があり、10年ほど前かうは「訪問火葬」に関する相談が増えた。火葬用の炉を積かだ車で利用者宅を訪ね、預かって付近で火葬し、遺骨を引き渡すサービスで、「ホームページを見て移動火葬車を頼んだら、掲載料金より何倍も高額な金額を請求され脅された」  「別のペットの骨が入っていた」などの苦情が寄せられた。センターは、依頼の際には▽業者の住所や週絡先▽火葬に立ち会えるか▽火葬は個別か合同か▽火葬場所▽遺骨は返してもらえるか▽火葬費の料金表や追加費用の有無▽追加費用の内容−−などの確認を呼びかけている。
 

ペットと死別後の喪失感で心身に不調をきたすペットロス」にならないためにも、杉崎さんは「供養した実感を得られる葬儀は大切」という。杉崎さんが勧めるのは、葬儀施設の事前見学だ。「お別れの時は必ず来ます。どんな形で弔いたいのか、ペットが元気なうちに、霊園や斎場を実際に見学してイメージしてほしい」。火葬料なら、体重別の闘用一只ひつぎや骨っぽなど葬祭用品の種別や料金も確認しておきたい。自身の最期を考える「終活」が注目されているが、ペットの[終活]は飼い主の務めといえそうだ。【藤田祐子、写真も】


 
動物霊園火葬埋葬法の制定をめざす会 | 問題・トラブル・事件 | - | - |
一般大衆誌SPAに移動火葬車



すでに様々な所で取り上げられているため、ご存じの方も多いかと思いますが、先日、一般大衆誌のSPAペットの移動火葬車(訪問火葬車)が掲載されていました。



クリック拡大


内容を抜粋しますと、

「ペットの移動火葬車を使うんだよ。今は、一台150万円くらいで買える。だから40cm間隔で人間の身体を切り刻んで、90分間燃やすと骨までキレイになくなるんだよね」

詳細はSPAホームページ


過去にペットの移動火葬車(訪問火葬車)が反社会組織の殺人事件の証拠隠滅に使用されており、平和で安全な国民の生活を脅かす事件、内容であり大変危険です。

前回、環境省の動物愛護管理法改正の会合「中央環境審議会動物愛護部会 動物愛護管理のあり方検討小委員会」資料に名前が上がっており、国や関係機関の1日も早い対応が望まれます。


動物霊園火葬埋葬法の制定をめざす会 | 問題・トラブル・事件 | - | - |
ペット霊園が米国家歴史登録財に登録


AP通信がこのような内容を伝えました。


アメリカ・ニューヨーク郊外のハーツデールにある

ペット霊園が、歴史的な価値を認められた。


ハーツデールのペット霊園は、アメリカ合衆国国家歴史登録財に登録された。アメリカ合衆国国家歴史登録財にペット霊園が登録されるのは初めて。 霊園のエド・マーティン支配人は、歴史的な場所として認められたことにより、霊園を維持し、整備するために必要不可欠な資金が受け取りやすくなることに期待を表明した。

ハーツデールの霊園は、米国で最も古く、最も大きなペット霊園。1894年に獣医のサミュエル・ジョンソン氏によって設立された。霊園には約7万5000匹のペットとその飼い主およそ700人が埋葬されている。
 
アメリカ合衆国国家歴史登録財には、8万件以上の建築物などが登録されており、その中には2698件の墓地が含まれている。

Lenta.ruより


このハーツデールペット霊園(ハーツデール・ペットセメタリー)は、アメリカ最古、最大規模のペット霊園です。ニューヨークの郊外にあり、自然に囲まれた美しいペット霊園です。

人とペットがごくごく普通に共生するアメリカでは、ペット霊園の存在自体も日常的な光景の一つとして映しだされています。

今回、ハーツデールペット霊園が歴史的な価値を認められたことは、世界のペット霊園に大きな感動を与えました。そして世界的に見て、今後のペット霊園の在り方に影響を与えるでしょう。

動物愛護先進国と言われるアメリカは、ペット霊園においても先進的な国なのかもしれません。


日本においても、当会の慈恵院(東京都府中市)は90年近い歴史、平和会ペットメモリアル(神奈川県川崎市・横浜市)は70年近い歴史を刻んでいます。この2霊園が、日本のペット霊園の歴史を築き上げてきたのは皆さんの知るところでもあります。

日本ではペット霊園の法整備も必要不可欠ですが、ペット霊園が社会的に認知され、日常生活の一部になる環境づくりも同時進行で行なっていかなければなりません。


※宜しければこちらもご覧下さい。当会のどうぶつセレモニーおおぞら(福井県)のハーツデールペット霊園のポエム
 

動物霊園火葬埋葬法の制定をめざす会 | 動物霊園情報 | - | - |
動葬会のロゴマークが決まりました。


今まで様々な活動が先に来、ロゴマークの誕生が遅くなっていましたが、この度ご報告させて頂きます。

我々は“人と動物が手を取り合い、真の共生社会を構築するために、動物霊園における新たな道を切り開いていきます”という強い思いが、このロゴには込められています。

動物愛護管理法が9月5日に交付され、我々が目指すべき道は一つです。

動物霊園火葬埋葬法の制定をめざす会 | - | - | - |
行政管轄の動物焼却場の問題


会として民間の動物霊園における法規制の取り組みは、待ったなしで進めています。しかしそんな中、行政管轄の動物焼却場の問題が最近取り沙汰されています。


 火葬ペット遺骨の建築材再利用、林市長「見直しへ」/横浜

                        神奈川新聞 2012年6月13日


 ペット遺骨が建築材料に、見直し方針も着地点見えず/横浜

                        神奈川新聞 2012年8月19日 

それ以前にもこのような問題が

 「1体ずつ」のはずが2体同時焼却/仙台

                        読売新聞 2007年12月29日


現在動物愛護管理法改正の議論の中で、何度も出てきました動物販売業のトレーサビリティの確保、確認、すなわち生体流通のクリアさが求められています。

これは動物の火葬に関わるすべてのところにも同じことが言えます。火葬方法、遺骨の行方を全て公開し、飼い主さん同意の下進められなければいけません。これに民間、行政の垣根はないような気がします。

動物霊園火葬埋葬法の制定をめざす会 | 問題・トラブル・事件 | - | - |
<< / 2/6PAGES / >>