スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
ペット葬祭業・パブコメ結果公表


環境省にて、動物愛護管理法改正の『動物取扱業の適正化について(案)に対する意見』のパブリックコメントが、7月28日から8月27日までの1ヶ月間公募されました。

そしてその結果が、第23回動物愛護管理のあり方検討小委員会(10月25日)で公表されました。

提出意見の件数
Fax 8,162件
メール 50,767件
郵送 62,899

件意見提出者数
個人 122,138人
団体 246団体

(1) 深夜の生体展示規制及び展示時間制限
賛成 54,939
反対 119

(2) 移動販売の規制強化 
賛成(移動販売禁止すべきとの意見を含む) 43,992
現行基準のままとすべき(基準強化に反対) 105

(3) 対面販売・対面説明・現物確認の義務化 
賛成 59,786  
反対 136

(4) 犬猫オークション市場(せり市)の動物取扱業への追加 
賛成(「犬猫オークションの禁止」を含む) 58,101  
反対 15,124

(5) 犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢
8週齢未満の犬猫の販売(親等からの引き離し)は禁止すべき 43,295
幼齢の犬猫の販売等について何らかの規制措置を講じるべき 19,099
45日齢未満の犬猫を規制対象とすべき 31,408
業界の自主規制に任せるべき 2,464  
現行基準のままとすべき 12,500
 
(6) 犬猫の繁殖制限措置 
賛成 57,474  
反対 34,753

(7) 飼養施設等の数値規制 
賛成 39,983  
反対 34,100

(8) 動物取扱業の業種追加の検討
動物の死体火葬・埋葬業者 
動物取扱業とすべき
(「登録業者と別の扱いで規制すべき」を含む。) 37,983
動物取扱業に加えるべきではない 81
その他(別法で規制すべき等) 569
 
両生類・魚類販売業者
動物取扱業とすべき(両生類・魚類どちらかの場合も含む) 36,519
動物取扱業とすべきでない(どちらか一方の反対意見を含む) 27,134  

老犬・老猫ホーム
動物取扱業とすべき
(「登録業者と別の扱いで規制すべき」を含む。) 36,082
動物取扱業とすべでない 22
 
動物の愛護を目的とする団体 
動物取扱業とすべき(「登録業者と別の扱いで規制すべき」を含む。)  31,393  
動物取扱業とすべきでない 446  

教育・公益目的の団体 
動物取扱業とすべき
(「登録業者と別の扱いで規制すべき」を含む  21,273  
動物取扱業とすべきでない 65

(9)関連法令違反時に登録拒否・取消 
行えるよう法規制すべき 41,872
反対 12
 
(10)登録取消の運用の強化 
強化すべき 45,493  
現行のままとすべき 8,200

(11)業種の適用除外(動物園・水族館) 
賛成 9,748  
反対 25,689

(12)動物園水族館・動物病院の動物取扱責任者研修の緩和 
賛成 2,458  
反対 28,403

(13)犬猫以外の小動物等での説明義務項の緩和 
賛成 6,642  
反対 27,949

(14)許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討) 
導入すべき 37,062  
現行のままとすべき 16


この結果を受け、国民の多くが、内容は別として『ペット葬祭業に対し、規制をかけるべき』という判断を下しました。あとは小委員会の内容からも、どう規制をかけるかです。

内閣府が去年11月に行なった『動物愛護に関する世論調査』では、多くの方が民間のペット葬祭業者に依頼するという結果が出ています。(コチラ)今後の行方が気になるところです。

年末に再度、中央環境審議会動物愛護部会 動物愛護管理のあり方検討小委員会全体のパブリックコメントが公募されます。

 

動物霊園火葬埋葬法の制定をめざす会 | パブリックコメント | - | - |
/ 1/1PAGES /